MainImage

子供(小児)の歯科治療

お子様の歯を虫歯から守るために

乳歯は永久歯に比べると虫歯にかかりやすく、進行も早いため注意が必要です。保護者の方の中には「乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫」とお考えの方もいますが、そうではありません。乳歯の虫歯は将来生えてくる永久歯に様々な悪影響をおよぼす可能性がありますので、乳歯であっても適切な治療を受けさせてあげるようにしてください。

お子様の大切な歯を虫歯などの病気から守るためには、ご自宅でのセルフケアと、歯科クリニックでの定期検診が欠かせません。どちらかが欠けても歯を病気から守ることは難しくなりますので、ご自宅での仕上げ磨きなどによりお子様の歯磨きをサポートするとともに、当クリニックへ定期的にお越し頂き、お子様のお口の中の健康状態をチェックするようにしてください。

お子様のための予防歯科治療

フッ素塗布

歯の表面に定期的にフッ素を塗布することで、虫歯になりにくい歯を作ります。永久歯よりも歯質が柔らかい乳歯には特に効果的な予防方法です。また、再石灰化を促進する効果が期待できるので、初期の虫歯であればフッ素塗布により症状を改善させることが可能です。フッ素塗布は定期的に受けることで予防効果が高められるので、3ヶ月に1回程度の頻度で受けさせてあげるようにしてください。

シーラント

食べかすがたまりやすかったり、歯ブラシが届きにくかったりするために虫歯にかかりやすい奥歯の溝を、レジン(歯科用プラスチック)で埋めることにより虫歯を予防する方法です。奥歯に深い溝があるお子様には、特に効果的な予防方法です。

ブラッシング指導

病気予防のためには、ご自宅での適切な歯磨きが欠かせません。お子様の歯の状態や磨き方の癖などを確認した上で、正しい歯の磨き方を指導します。また、お子様だけでは歯の汚れをきちんと取り除くのが難しい場合もありますので、保護者の方にも仕上げ磨きの方法をアドバイスします。

お子様のペースに合わせてゆっくり診療します

お子様の中には、歯医者に来るだけで泣き出してしまうような子もいます。また、歯医者に来ることはできても、チェアに座ることができないような子もいます。当クリニックではこうしたお子様に対して、無理矢理診療するようなことは致しません。その子のペースに合わせてゆっくりと診療を進めていきます。

当クリニックに来るだけでも精一杯というようなお子様には、いきなり診察室に案内したりせずに、保護者の方と一緒にキッズスペースで遊んでもらったりして、まずは歯医者の雰囲気に慣れてもらうようにしています。チェアに座ることはできても、お口を開けることができないようなお子様には、子供にもわかる言葉で使用する治療器具の説明をするなどして安心感を与えるようにしています。

このように、お子様のペースに合わせてゆっくりと診療を進めていけば、時間はかかるかもしれませんが、きちんと診療が受けられるようになるものと考えています。なので、保護者の方も「うちの子に歯医者の治療を受けさせるのは無理」と諦めてしまわずに、お子様の成長を信じて当クリニックへ連れて来てあげるようにしてください。

お子様に歯医者に通う習慣を付けさせてあげてください

虫歯などの病気にかかっていなかったとしても、フッ素塗布などを受けるために定期的に当クリニックへ連れて来て、お子様に「歯医者に通う習慣」を付けさせてあげるようにしてください。そうすることで、いざ虫歯にかかった時などでもスムーズに治療が受けられるようになる場合があります。また、保護者の方も、嫌がる子供を無理矢理歯医者に連れて行くというようなことをしなくて済むようになる場合があります。なので、是非遊びに来るような感覚で、定期的にお越し頂ければと思います。もちろん、そうして定期的に当クリニックへ連れて来ることで、お子様の歯を病気から守ることにもつながります。

「子供が泣きじゃくると、まわりの人に迷惑では…」と心配な方へ

「待合室で子供が泣きじゃくった時、まわりの人の迷惑になるのでは…」ということを心配される方もいるかと思います。そのような理由でお子様を歯医者に連れて行くのをためらわれている方は、一度当クリニックへご相談ください。他の患者様のご予約が少ない時間帯をご案内することも可能です。安心してお子様を連れて来られるように、できる限り協力させて頂きます。

井上歯科診療所
075-392-2560 お問合せ
井上歯科診療所 fbnr_tel_sp.png お問合せ