MainImage

妊婦さんの歯科治療

妊娠中でも歯科治療は受けられます

妊娠中は歯科治療が受けられないと思われている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。妊娠中であっても、ほとんどの基本的な歯科治療を受けて頂くことができます。妊娠中は女性ホルモンが急激に増加したり、唾液の中和力や免疫力が減少したりすることから、お口の中で細菌が増えて虫歯や歯周病などのトラブルが起こりやすくなります。特に、歯周病にかかっていると早産や低体重児出産のリスクが通常の5~7倍程度になるとされていますので、妊娠中であっても歯医者で適切な治療を受けられて、お口の中を健康な状態に保つようにしてください。

治療を受けられるタイミング

お母様の歯の健康は、生まれてくる赤ちゃんの歯の健康に影響しますので、妊娠がわかったらできるだけ早く治療を受けられるようにしてください。また、妊活中などで妊娠のご予定がある方などは、妊娠前であっても一度歯医者を受診されて、お口の中の健康状態をチェックされることをおすすめします。

妊婦様に特に注意して頂きたい病気

妊娠性歯肉炎

妊娠中はホルモンバランスの変化により免疫力が低下するなどの理由で、歯肉炎にかかりやすくなるといわれています。この妊娠性歯肉炎が歯周病に移行すると、歯周病菌が子宮を収縮させるため、早産や低体重児の出産を引き起こすことがあるとされています。妊娠中は、妊娠前以上に歯の健康管理に気を配るようにしてください。また、出産後は授乳などによりお母様の栄養が赤ちゃんに持っていかれるため、お口の中に歯周病リスクがあると出産前よりも発症・進行が早まる場合があるので注意が必要です。

親知らずの抜歯

妊娠中は麻酔や抗生剤の使用に制限がかかる場合がありますので、親知らずが原因で歯茎が腫れたりした時に、抜歯などの適切な治療が行えないことがあります。そうした事態を回避するためにも、妊娠のご予定がある方は、妊娠前に親知らずの抜歯を検討されることをおすすめします。

妊婦様に優しい治療を提供します

ストレスの少ない治療を提供します

当クリニックでは、デリケートな妊婦様の負担を軽減するために、治療にともなう痛みをできるだけ抑えるなどして、ストレスの少ない治療を心がけています。なお、お腹が大きくなってくると通院するのが大変だったり、チェアに座って治療を受ける姿勢をとるだけでも苦しかったりする場合がありますので、妊娠されたらできるだけ早く治療を受けられることをおすすめします。

安心・安全な治療を提供します

当クリニックでは基本的に、妊婦様に対してはレントゲン検査や麻酔注射などは行いません。レントゲン検査を行っても、お腹の中にいる赤ちゃんが被ばくする量はゼロに近く、麻酔注射も局所麻酔なので、赤ちゃんに影響を与える可能性はほとんどありませんが、妊婦様の中にはそうしたレントゲン検査や麻酔注射による影響を不安視される方もいます。そうした方にも安心して治療を受けて頂くために、どうしても必要な場合を除いて、当クリニックではレントゲン検査・麻酔注射は行わないようにしています。

つわりでどうしても歯が磨けない時は…

妊娠中は虫歯や歯周病のリスクが高まるため、歯医者で定期検診を受けるとともに、ご自宅でも歯磨きなどのセルフケアによりお口の中を清潔な状態に保つことが重要です。つわりがひどくて、歯磨き剤の匂いや味などに敏感になり、どうしても歯が磨けないという場合は、歯磨き剤を使わずに磨いたり、食後に水でうがいをしたりするなど、無理のない範囲でお口の中を清潔な状態に保つようにしましょう。

つわりで歯が磨けない時の対処方法

刺激や匂いの少ない歯磨き剤を使って歯を磨く
歯磨き剤を使わずに歯を磨く
うがいによりお口の中の汚れを洗い流す(うがいもできない時には、小さな氷を舐めるようにする)

など

井上歯科診療所
075-392-2560 お問合せ
井上歯科診療所 fbnr_tel_sp.png お問合せ