MainImage

親知らずの抜歯について

親知らずとは

親知らずとは、永久歯が生え揃った後に大臼歯の一番奥から生えてくる歯のことで、正式には「第三大臼歯」と言います。一般的に10代後半から20代前半ごろに生えて来るとされていますが、人によっては生えてこない場合もあります。現代人は顎が小さく、親知らずが正しい方向に生えるためのスペースが足りないことが多いため、横向きや斜め向きに生えたり、顎の骨の中に埋まったまま生えて来なかったりすることで、様々なトラブルを引き起こす場合があります。

親知らずの抜歯が必要なケース

親知らずは、必ずしも抜歯しなければいけないというわけではありません。正しい方向に生えていたり、きちんと噛み合わせに参加したりしている場合などには、そのまま放置しておいても問題ない場合もあります。しかし、異常な方向に生えているために、痛みや腫れなどのトラブルを引き起こしていたり、隣の歯が磨きにくくなっていたり、噛み合わせの乱れの原因となっていたりする場合などには、抜歯を検討する必要があります。また、妊娠中は麻酔や抗生剤の使用に制限がかかる場合がありますので、妊娠のご予定がある方などは、妊娠前に親知らずの抜歯を検討されることをおすすめします。

抜歯した方がいいケース

  • ・痛みや腫れなどのトラブルを引き起こしている
  • ・横向きや斜め向きに生えている
  • ・まわりの歯や神経を圧迫している
  • ・口の中の粘膜を傷つけている
  • ・きちんと歯磨きすることができない
  • ・隣の歯の歯磨きを阻害している
  • ・噛み合わせの乱れの原因となっている

抜歯しなくてもいいケース

  • ・正しい方向に生えている
  • ・きちんと歯磨きすることができる
  • ・隣の歯の歯磨きを阻害していない
  • ・噛み合わせに参加している

親知らずは若いうちに抜歯しておくことをおすすめしています

現在、痛みや腫れなどのトラブルがなくても、将来そうしたトラブルを引き起こす可能性がある親知らずは、できるだけ10代などの若いうちに抜歯されることをおすすめしています。若い頃の親知らずは柔らかく抜きやすいため、短時間で抜歯することが可能です。抜歯後の腫れなども軽減することができますし、腫れても短期間で収まる傾向にあります。また、学生の方であれば在学中に抜歯されることをおすすめします。就職してから抜歯すると、腫れのせいで仕事を休んだりしなければいけなくなる可能性もありますので、将来親知らずのせいで仕事に支障をきたさないためにも、比較的自由時間の多い学生のうちに抜歯を済ませておくようにしましょう。

できるだけ腫らさないように抜歯します

顎の骨を削る量が多かったり、治療時間が長かったりすると、抜歯後に腫れやすい傾向にあります。なので、CTを活用して不要な歯茎の切開や顎の骨の切削などを回避したり、可能な限り治療時間を短縮したりすることで、できるだけ抜歯後の腫れを抑えるように努めます。

井上歯科診療所
075-392-2560 お問合せ
井上歯科診療所 fbnr_tel_sp.png お問合せ