MainImage

60代からの歯科治療

歯を失ってそのままにしていると…

ご高齢になると、加齢や歯周病などにより歯を失ってしまっている方も少なくないかと思いますが、歯を失ってそのままにしていると、噛み合わせが乱れて噛む力が低下したり、歯垢(プラーク)などの汚れがたまりやすくなって虫歯などの病気にかかるリスクが高まったりするなど、様々な悪影響が考えられます。歯を失った時にはそのままにせずに、歯医者で適切な治療を受けられるようにしてください。

「もう年だから…」と諦めるのではなく、しっかりと噛める環境を作りましょう

患者様の中には、「入れ歯を入れたくない」「最初は不便だったが、だんだん慣れてきた」などの理由により、歯を失ってもそのまま過ごそうとされる方もいます。しかし、そうして歯を失ったままの状態が長く続くと、補綴物などで歯を失う前と同じ噛み合わせを作ったとしても、同じ感覚でものが噛めなくなる場合があります。

しっかりとものを噛み、食べるということは、人間が生きていく上で欠かせない行為です。なので、「もう年だから…」と諦めるのではなく、しっかりとものが噛めるお口の中の環境を作るようにしましょう。歯を失ってそのままにして、噛み合わせが乱れてしまってからでは遅い場合がありますので、できるだけ早く当クリニックまでご相談ください。適切な治療により、患者様の噛む力の回復に努めます。

歯を失った時の治療方法

歯を失った時の治療方法には「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」などがありますが、複数の歯を失ってしまった場合や、奥歯を失ってブリッジができない場合などには、入れ歯を選択するのが一般的です。当クリニックでは保険の入れ歯はもちろんのこと、お口まわりの審美性にこだわられる方のために、金属のバネ(クラスプ)を使用しない「ノンクラスプデンチャー(コンフォートデンチャー)」などの自費の入れ歯も取り扱っております。患者様の歯の状態やご希望などに合わせて、適切な装置をご提案させて頂きます。

取り扱う入れ歯の種類

保険の入れ歯(レジン床入れ歯)

床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使用した入れ歯です。保険が適用されますので、費用を抑えることができます。当クリニックでは、基本的に初めて入れ歯を作られる方に対しては、いきなり自費の入れ歯を提案するのではなく、まずは保険の入れ歯を提案するようにしています。「保険の入れ歯は自費の入れ歯よりも劣る」とお考えの方もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。当クリニックでは患者様お一人おひとりの歯の状態を詳しく確認することで、「よく噛める保険の入れ歯」の提供に努めます。

ノンクラスプデンチャー(コンフォートデンチャー)

「クラスプ」と呼ばれる金属のバネがない入れ歯です。特殊な柔らかい樹脂を歯茎に吸着させることで、入れ歯を固定します。金属のバネがないので審美性に優れており、床部分が薄いので少ない違和感で使用することが可能ですが、自費診療となりますので、保険の入れ歯よりも費用がかかります。

金属床入れ歯

床部分に金属を使用した入れ歯です。薄く仕上げることができるので、少ない違和感で使用することが可能です。また、金属を使用しているため耐久性に優れており、食べ物の温度を自然に感じることができるようになります。ただし、使用する金属の種類によっては、金属アレルギーの原因となる場合があります。

井上歯科診療所
075-392-2560 お問合せ
井上歯科診療所 fbnr_tel_sp.png お問合せ